日本医師会ではこれまで、オンライン診療における診断や処方の危険性についても主張してきましたが、この非常事態の下、患者さんや医療従事者の感染を防止し、地域医療の崩壊を避けるための特例中の特例であり、例外中の例外であるとの認識のもと、期間限定で適応を緩和する見解を示しました。
 そもそも、検査や処置ならびに手術が診療の根幹となる耳鼻咽喉科の特性上、オンライン診療(電話または電子通信機器による相談を含む)は当院にそぐわないという理念のもと、その導入を見合わせておりましたが、この国難に際し、患者さんの状況が把握確認できる場合に限り、電話対応であっても診療行為に準ずるであろうと判断いたしました。ただし、最寄りの院外薬局への処方箋送付や宅配サービスは行っておりませんので、受け取りは当院にてのみお願いします。当院は院内処方ですので、ネット環境を介した個人情報や金銭のやりとりがなく、より確実で安全かつ迅速にくすりをお渡しできるものと考えております。大変申し訳ございませんが、保険証(と診察券)を忘れずにお持ちになってご来院ください。なお、ご本人以外が受け取りに来られる場合は代理人と証明できるものをご持参ください。
 この非常事態が速やかに終息し、医療本来の姿を取り戻すべきと考えておりますが、それまでの期間、私たちなりに皆様のお役に立てましたら幸いです。なお、当院の院内処方には限りがあり、ご希望の処方が当院にストックされていない場合は院外薬局をご案内することもございますので、あらかじめご了承ください。